解説

最新スニーカー情報

ナイキのダンクハイをアップル社員用にカスタムした一足を購入してみる

1997年にアップルが打ち出した広告スローガン “Think different”。 これにちなんだブランド名で、アップルの関連製品を中心に取り扱うThinking Differentというチームが手がけたのが、ナイキダンクハイをカ...
最新スニーカー情報

いま、ニューバランスが秘かに熱いといえる3つの理由

ナイキの8月は大変なリリースラッシュだったため、疲れてしまった人が多いかもしれない。 ガンダムに因んだダンクも、さほどプレ値は上がらず、落ち着いている雰囲気だ。どのくらいの参戦率だったかは、本サイトのTwitterアカウントでアンケ...
最新スニーカー情報

ジョーダン4ツアーイエローがもたらした「誰でも希少モデルを入手できる新時代」

ジョーダン4ツアーイエローが発売されたが、なんとこのモデルは、驚きの結果を生んでいる。 何が驚きかといえば、本サイトのツイッターアカウントで、このモデルの入手率を調査したところ、敗戦は3%。ゴッテムが54%、参戦せずが43%だった。...
解説

AJ1が価値を落としてしまった背景にあるもの

AJ1Pollenが発売された。 最近AJ1は、ローカット志向の市場の影響もあって、ローカットかつ、ウィメンズモデルが乱発されてきた。 今回発売されたPollenは、カラーリング的には、それなりの人気が出そうなカラーであったが...
最新スニーカー情報

もうダンクはいらない!? ダンク疲れ、オフホワイトで打ち止めなるか。スニーカー市場は戦国時代に!

本サイトでは2021年に入り、何度も警鐘を鳴らしてきた、ナイキのダンク連投。歴史的に見ても、ダンクが連続して発売された後に、スニーカー熱は低下することが証明されているからだ。 2021年はダンク連投の年となった。 ここまで、さ...
最新スニーカー情報

ナイキで激しいダンク疲れ、ニューバランスが熱い!

想像通りというか、歴史は繰り返したというしかない。 ナイキがダンクを連発したことで、明らかに国内のナイキ熱は冷めた。一時期に比べ、SNKRS参加者は減ったようにみえ、出てくるスニーカーも、迫力がない。 力のあるジョーダンブラン...
解説

ナイキがダンク連発で消費者に疲労感も株価爆上げのナゾ

ナイキがダンクをひたすら発売し続けている2021年。 過去を振り返っても、ダンクを連発したのちにスニーカーブームが終焉するという事態は起こっていて、歴史が繰り返されている。 ただし、市場の冷え込みが起こっても、それがナイキの株...
最新スニーカー情報

ナイキダンクhighゲームロイヤルの不人気が意味するものとは

先日、ナイキからダンクhighゲームロイヤルが発売となった。 本サイトではTwitterアカウントでアンケートを実施し、ゲームロイヤルがどのように買われたかを調査した。 全体の投票数は172。 そのうち34%がゴッテム、...
最新スニーカー情報

転売サイトで偽物を見抜く方法(ジョーダン1シャドー2.0 編)

筆者は、ジョーダン1のデザインが非常に秀逸だと感じており、できる限りAJ1の発売に当たっては購入に向かう。 しかし、それでも購入できないことはよくある。 定価購入など、なかなか難しいわけである。 もちろん、AJ1ごとに足...
最新スニーカー情報

ナイキのダンク乱れ打ちがスニーカー熱の低下をもたらす?

ナイキが2021年に入り、ダンクを乱れ打ちしている。 特にこの春はダンクがどんどん発売になっており、今後も続く。 ここまでダンクばかりを発売しまくると、何が起こるのかを推測してみる。 ・安価だが、、、 ダンクは比較...
タイトルとURLをコピーしました