筆者の実体験をこちらに記載していく。

筆者は、ナイキブレーザー×sacaiの抽選販売に参戦した。

抽選販売とは、ナイキのアプリ、SNKRSで定められた時間内に抽選応募。その後当落がわかるというもの。

通常は抽選販売にはならず、定められた時間にいきなり発売となるが、自動購入botなどの横行で、特に人気が出そうなスニーカーは、抽選販売となることで、bot対策を図るものだ。

筆者は、当然手動。正々堂々勝負に挑んだ。

結果、当選の表示。その直後は購入済みの表示があった。が、数時間後。購入済みの表示がなければ、注文履歴もない。

これでは、買えたのか、買えなかったのか全くわからない。

そんな状態が2、3日続いた。

そして、先週土曜だったと思う。6月1日。

SNKRSから突然発送の連絡があり、6月2日に到着した。ナイキブレーザー×sacai。

購入できていたようだ。

間違いなくスニーカーは届いた。

しかし、アプリには注文履歴が一切ないままだ。

考えてみると、SNKRSは通常は購入したら翌々日くらいにはスニーカーが届くが、今回は4日ほどかかっただろうか。

システム的な不具合か、購入済み表示もなく、履歴もない。いまだに筆者のSNKRSはそんな状態だ。

購入できたことは、素直に喜びたいが、本サイトは、スニーカーファン達のものでもあり、もしかすると同じような状態から、落選したひともいるかもしれない。

そう考えると残念である。

しかも、メルカリにはいつものように大量の転売もあり、筆者としてはそういうものだと思いつつ、これがあるべき姿なのかと、考えずにはいられない。

関連記事

ナイキのローカット戦略が功を奏していると言える理由

エアマックス90 バイオテック、完売表示もその後在庫有りの謎

ジョーダン1トラビスLowがいきなり発売も転売祭りが悲惨

待望の人気モデル、ジョーダン4クールグレーが祭りの狼煙になるか

苦肉のジョーダン1投入が示す、SNKRSの深刻

オフホワイト×ナイキの人気爆発モデルが2019年後半のスニーカー市場を席巻する!?