本日2月18日からスタートしたジョーダン1ウィーク。

スエードを使った「トラックレッド」「イエローオーク」は本日13時23分にあっさり売り切れた。

明日以降も、「コートパープル」「パイングリーン」

「ルーキーオブザイヤー」「シャドー」「スポーツイラストレーテッド」「HOMAGE TO HOME」など、どしどし発売される。

発売はSNKRSで行われ、発売日までは確定しているが、発売時間については直前のアナウンスになる。

発売時間のアナウンスはLINEでNIKEアカウントの登録が必要。

18日に関していえば、13時23分の発売のアナウンスは、13時21分に来た。

発売時間がもう少し前もって分かっていれば、勝負ができるかもしれないと考えている消費者の方もいるのではないか。

転売事業者が集中し、あっさりと売り切れてしまうことが必死のジョーダン1各種だが、その対策は何かあるのか。

ここでは、推理に過ぎないが、今週どこかで勝利を得るために、あれこれ考えを巡らせてみよう。

■本日13時23分というのは、1時23分でもある。

1時23分。123、である。これは、ただ刻んでいるわけではなく、何かメッセージめいたものがある。もしかすると、19日は4時56分からもしれない。もしくは2時34分の発売開始かもしれない。もしくはジョーダンの背番号「23」にちなんでいるかもしれない。このように多少なりとも発売時間の推測はできる。

ジョーダン1ウィークで一番人気があるのは、おそらく「HOMAGE TO HOME」だろう。理由は転売価格の高さである。

ただ18日に発売になった「トラックレッド」もそれなりの人気を集めている商品だったため、ジョーダン1ウィークのスタートとゴールに人気商品を当ててきた形だ。

発売時間はかなり細かく設定できそうで、最後まで予断を許さない状況が続きそうだが、当たることもなかなか少ないとみられるため運試し程度に参戦してみるのはいいかもしれない。

関連記事

ナイキのローカット戦略が功を奏していると言える理由

エアマックス90 バイオテック、完売表示もその後在庫有りの謎

ジョーダン1トラビスLowがいきなり発売も転売祭りが悲惨

苦肉のジョーダン1投入が示す、SNKRSの深刻

オフホワイト×ナイキの人気爆発モデルが2019年後半のスニーカー市場を席巻する!?

アダプトBBのグレー「参戦しなかった」が80%超え!参戦者のうちゲット率は20%超!