1月19日9時から発売の、air fear of god 1 ライトボーン。この参戦意欲は53%ということが、本サイトのツイッターアンケートでわかった。

価格は4万円ほどで、参戦するには勇気がいるかもしれないが、そもそも、かなりの高倍率になるはずだ。

先に発売されたブラックは8万円からの転売価格が相場だが、8万円の時点で購入者を選ぶことにはなる。簡単に言うと購入は、金持ちに絞られる。

オフホワイトコラボのエアマックス90も展開が見込まれており、価格も含めて参戦が活性化していないこともあるだろう。

さらには、アダプトBBが2月17日発売。

ハイパーアダプトが一定の人気ではあったが、メルカリなどでは定価割れもあり、このあたりの人気度合いは不透明ではある。

ただとにかく、しっかり履き潰していくことが純粋なスニーカー愛好家の使命ではあると思っているのは、筆者だけではないと願いたい。

アマゾンあたりでは、本物か偽物がわからないが、ハイパーアダプトは販売されている。価格は幅があり、どこまでが本物かはわからない。

気になるのは、新モデルの価格が引き上がりつつあることだ。

アダプトBBは4万円、air fear of god1も4万円。ともに4万円になる理由はあるのだが、だからといって高額化が進みすぎるのも消費者には厳しい。

関連記事

SNKRSアプリでバグ継続中か、ジョーダン7先行オファーも購入できない?

ナイキSNKRSアプリでバグ表示、ジョーダン4フライニットが大量発売?

アダプトBBのグレー「参戦しなかった」が80%超え!参戦者のうちゲット率は20%超!

実体験、ナイキブレーザー×サカイで一旦購入済み表示からのキャンセル?

5月30日発売、ナイキブレーザーMID sacai、人気カラーはブルーか

ジョーダン1×SB、LA to Chicagoと、NYC to Parisの人気が二分した理由