12月1日は、ナイキSNKRSから20足の新モデルが投入される。

1日に20足というのはなかなか記憶がない大量発売だ。なぜこうした自体が起こるのか。そして一般消費者はどのように構えれば良いかを解説する。

・買いたいモデルがあれば心置きなく参戦しよう

当然だが、もし20足のなかに買いたいモデルがあれば、躊躇なく参戦すれば良い。

むしろこの20足のなかに買いたいモデルがある人はラッキーだ。なぜなら、必ず人気は分散するから、購入率は自然と高まる。

・プロダクトごとに管轄が違うため、偶然にも20足が出揃う

例えば12月1日に発売されるシリーズとしてACGがある。ACGだけでも10足が展開される。そしてそのほかにも、ジョーダンレガシー、プレイステーションなどが発売予定だ。

これらは、ナイキ内での管轄が分かれていると考えて違いないだろう。

それぞれのシリーズで12月1日発売を戦略的に決め、その結果、同日に発売が重なったと考えるのが自然だ。

・リバデルチはatmos先行販売済み

10足の新モデルを展開するACGから、リバデルチが投下されるが、リバデルチは先日atmosで先行販売された。

カラーは若干異なるが、リバデルチ目当てのユーザーはすでに入手している可能性が高いため、購入可能性は高まるだろう。

・12月1日の一番人気はプレイステーションか

20足という大量同時発売のなかで、もっとも人気があるのはプレイステーションだろう。過去幾度か発売されてきたが、希少性が高いとみられる。

また、ジョーダンレガシー312もカラーによっては即完売の可能性がある。

ACGには根強い人気はあるが、コアなファンが多く数はさほどいないことから、ACGの一部モデルは在庫に余裕があるだろう。

以上のようなことに加え、今後、年末年始にかけては注目モデルの発売が予定されている。

予算には限りがあるだろうから、じっくりと参戦プランを練りたい。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

イージーブースト350V2セサミ、1週間履いてみてわかった完成度

イージーブースト350V2セサミ、購入希望者はほとんどゲットか?

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか