9月15日に発売になる、イージーブースト700。イージーブーストといえば、アディダスの大ヒットモデルだが、このデザインを手がけるのは、ラッパーでもあるカニエ・ウェストだ。

カニエ・ウェストは、アディダスのイージーブーストをデザインする以前、ナイキでシューズのデザインを手がけていた。

ナイキ エアイージーがそれである。

エアイージー2

このデザインを見て、現行のナイキから似たようなデザインのスニーカーが展開されていることに気づいているひとは、少なくないだろう。

ジョーダン1ダブルストラップ

名前の通り、ストラップは二つに増えたが、デザインの源流はイージーにあるとみても、悪くはないだろう。

ジョーダン1にストラップを用意したのが、その本気度を語っている。

カニエ・ウェストとナイキは、デザインフィーで折り合わず、契約を解除。カニエ・ウェストはその後、アディダスからイージーブーストを展開し、大ヒットモデルとしたのだが、アディダスから最初に出た、イージーがまたストラップ路線なのだった。

イージー750

イージー750はいまや伝説的なモデルだが、爆発的なヒットをしているのは、イージーブースト350であり、750から350に引き継がれたのは、ソールのイメージとアッパーの素材感。

イージーブースト350V2ゼブラ

それまでイージーがこだわってきた、ストラップを捨てた350がヒットしたのは、なんともデザインやファッション界の難しさを物語っている。

関連記事

オフホワイト疲れしてませんか?本当に価値あるスニーカーを見極めよ

毎週オフホワイトが発売できるわけではない、ナイキの巧妙な仕掛け

オフホワイト×ナイキブレーザーにみる、転売価格は人気だけで決まらない事情

オフホワイト×ナイキブレーザー、真の争奪戦はセリーナ・ウィリアムズで勃発か

アディダス×ドラゴンボール発売!親切すぎる対応が、ブランドに貢献しない理由

ジョーダン1つま先カラー、パープルゲットは9%。ジョーダン1購入のカラクリ