メルカリでジョーダン1シャドーを購入してみたレポート、完結篇です。

さて、いろいろありましたが、2万7000円、着払いで、一年ほど待ち焦がれたジョーダン1シャドーをメルカリで購入します。

ただなかなか発送がなく、不安になり一旦取引キャンセルを申請。

その後、また取引キャンセルを却下、という手間をかけてしまいました。

 

◆一度買ってからのキャンセルなどはエネルギーが必要

結婚してからの離婚などもそうかもしれませんが、メルカリも一度買ってから、取引キャンセルをするのは手間です。

もちろん、フェイクが届くというような事態であればやむを得ません。しかし、ものが届くまえにキャンセルするのは、手間が増幅します。

なぜか。

取引キャンセルをすると、メルカリ事務局が動かないと話が進みません。

ものがないのに、話も進まない、というのはストレスですから、購入を決めたら、発送者からの発送を一旦信じましょう。

 

◆ジョーダン1シャドーが届く

さて、目当てのジョーダン1シャドーが届きました。定価の1万円アップ。運がありませんでした。仕方ないです。

発送者の情報は最小限、名前しかわかりません。住所を書かずに発送はできるんだな、と発見。

筆者はジョーダン1つま赤を正規ラインで手に入れたので、それとの比較をします。

 

◆フェイクか?

まずは皮の質。

ジョーダン1つま赤は、ホワイトの部分の皮が上質です。ブラック、レッドの部分の皮と、ジョーダン1シャドーの皮を比べます。

さらに縫合。

スウッシュ付近の縫合。

かかとの皮のカットライン。

インソールの環境。

箱。

付属の解説書。

ジョーダン1シャドーとジョーダン1つま赤では、箱の表記、解説書に違いがありました。

さらには、つま先の、空気孔の開き方。

ジョーダン1シャドーは、空気孔が、若干完璧に穴あけできていませんでした。これはフェイクか…

と疑いをかけたくなりますが、

付属のヒモ。

の収納のされ方が一緒だったりしたので、フェイクではない、と信じ込みます。

 

◆皮のにおいが重要

一番、フェイクではないと信じられる要素は、皮のにおいでした。

ジョーダン1シャドーとジョーダン1つま赤の皮のにおいが一致。

じつは、筆者、以前ロイヤルでフェイクを購入した経験があり、その際フェイクを確定させたのは、皮のにおいなんです。

もちろん、上記のような縫合やカットも気にしますが。

 

◆発送者を評価してメルカリ終了

最後に発送者を評価し、発送者から筆者を評価します。

これにより、どんなアカウントかわかり、今後に信頼できるか否かの判定がまた積み重なる仕組みです。

これが一番秀逸。

最近、某ビジネス媒体などで、信頼経済などと話しがされていますが、これが機能すると、フェイクや、不誠実は自らの首を締めるんですね。

稼ぎたいなら誠実に。

これがメルカリが作った一番の仕組みだと思いますし、ビジネス系インフルエンサーたちが、信頼経済と叫んでいるのはこれか、と身をもって知るに至りました。

しかし、運があれば、定価購入できていたんですよね…

 

おわり

関連記事

八村塁、大注目ジョーダンモデルは何になる?

SNKRSアプリでバグ継続中か、ジョーダン7先行オファーも購入できない?

ナイキSNKRSアプリでバグ表示、ジョーダン4フライニットが大量発売?

実体験、ナイキブレーザー×サカイで一旦購入済み表示からのキャンセル?

ジョーダン1トラビス・スコット、5月11日9時発売…トラビス・スコットって何者?

エアマックス90 マーズランディング、3月16日9時発売!激戦必至!

コメント

コメントを返信する