6月29日に突如として発売が予定された、ジョーダン1。

なぜこのタイミングで発売予定となったのだろうか。

苦肉の策であることは、SNKRSの表記でもよくわかる。

ブラック、ホワイト、セイル、ジムレッドと、カラーでの呼称となっているからだ。

ご存知のように、周到に用意されたモデルには特殊な呼称がある。

ジョーダン1ならば尚更で、バネット、ロイヤル、シャドーなどなどだ。

しかし今回のジョーダン1は、カラーを並べただけの名称だ。はっきり言えば、ジョーダン1なのにもったいない、という印象だ。

それでも、ジョーダン1だ。即完売に近いだろう。しかしどうだろう、最近は、ジョーダン1を無駄にブランドとして使ってはいないだろうか。

ブラック×ピンク然りだ。

また、ストレンジャーシングスのシリーズがまさに展開されるわけだが、シリーズとして盛り上がり方に欠ける部分も、ナイキは察知しているのではないか。

もちろん、ストレンジャーシングスシリーズで売れ残りがあるとは思えないが、強烈な引きがあるとも思えない。

ジョーダン1を苦肉の策として投入せざるを得ないナイキの苦悩が透けている。

関連記事

ジョーダン1トラビスLowがいきなり発売も転売祭りが悲惨

待望の人気モデル、ジョーダン4クールグレーが祭りの狼煙になるか

オフホワイト×ナイキの人気爆発モデルが2019年後半のスニーカー市場を席巻する!?

ナイキSNKRSアプリでバグ表示、ジョーダン4フライニットが大量発売?

アダプトBBのグレー「参戦しなかった」が80%超え!参戦者のうちゲット率は20%超!

実録!ナイキブレーザー×sacai、当選表示も購入済みにならない結果…