先日発売になった、自動で靴紐が締まる機能を備えた、ナイキのアダプトBB。前作、ハイパーアダプトは8万円という高価だったため、4万円程度に価格を抑えて発売し、一定の人気を得ている。

アダプトBBはブラックが最初に発売され、その次に展開されたのが今回発売のグレーだ。ナイキのアプリ、SNKRSでは、アダプトBBはあくまでバスケットシューズという立て付けを強調されているが、現在のハイテクの極みである、自動で靴紐が締まるという機能は、ハイテクを極めたい一部のギークにとって大きな魅力になっているだろう。

そこで本サイトでは、ツイッターアカウントでアンケートを実施し、アダプトBBグレーへの参戦率や、勝率を調べてみた。

すると、参戦率はなんと全体の20%以下ということがわかった(あくまで、本サイトのツイッターアカウトフォロワー500強が対象だ)。

なぜここまで参戦率が低いのか。

これはやはり、4万円という価格の問題が大きいだろう。

ただ、アディダスを見ると4万円に迫る価格のモデルは続々投入されているので、フラッグシップや最高峰テクノロジーを搭載したモデルはこのレベルの額になりそうだ。

そして、参戦した20%ほどのユーザーのうち、購入できたというユーザーは20%ほどとなっている。

具体的には、参戦ユーザーが17%のうち購入したのが4%だというのが、本サイトの調べによるところだ。

つまり、在庫数はそもそも少ないが、購入希望者もそんなに多くなかったということが言えそうである。

ちなみに、先日発売になったナイキ×sacaiのコラボは、参戦者のうち30%ほどが購入に至っているようだ。

さらに、ナイキSB×ジョーダン1の LA to Chicagoや NYC to Parisは、参戦者のうち、購入者は20%ほどなので、アダプトBBもそうした倍率に準じているように見える。

ここまで数字を見ると、おおよそナイキの人気モデルは、参戦者のうちの勝率は20〜30%になりそうだ。

一部の在庫が薄いモデルはもっと倍率が高くなるし、場合によっては倍率がゆるくなるものもあるので、一概には言えないが、ナイキは勝率20〜30%を目指して設定しているように見える。

ナイキの販売戦略の緻密さがわかるだろう。

まだ本サイトのツイッターアカウントをフォローしていない方は、ぜひ以下からフォローして、アンケートなどに参加してもらいたい。

関連記事

オフホワイト×ナイキの人気爆発モデルが2019年後半のスニーカー市場を席巻する!?

ナイキSNKRSアプリでバグ表示、ジョーダン4フライニットが大量発売?

実録!ナイキブレーザー×sacai、当選表示も購入済みにならない結果…

実体験、ナイキブレーザー×サカイで一旦購入済み表示からのキャンセル?

ナイキブレーザー×サカイ、購入できたはずなのに謎の強制キャンセル相次ぐ

SNKRSでリストック販売が下火かもしれない、今こそ構えを!