サイト運営の話:AMPページから撤退しました。

ご報告

本サイト、スニーカーズオンラインは、AMPページへの対応を解除しました。

今回の記事はスニーカーに関する内容ではなく、サイト運営に関する内容になりますのでご了承ください。

■AMPページとは

AMPページとは、モバイルでの表示速度が向上する、Google推奨のページスタイルです。

なぜ表示速度を大切にするのか、という問題ですが、スマホを使っていて読む方が大多数の本サイトでは、素早くコンテンツが表示されることがとても大事です。素早くコンテンツが表示されることで、読者の皆さんの興味通りに内容を閲覧してもらえます。

さらに、表示速度を上げ、AMPの形式に適合することで、検索された際に、上位に表示されることもある程度、Googleが担保しています。

そのため、AMPページを用意することにしました。

本サイトで使用している、ワードプレスというサイト管理システムは、素早くAMPページを作成するツールが用意されています。

そのため、速やかにAMPページに対応することが可能です。

具体的には、ワードプレスには「プラグイン」という外部のツールをインストールすることで目的を果たせるツールがあります。

本サイトでも、プラグインを使用してAMP対応を図りました。

■AMP化したものの、広告売り上げが伸び悩む

AMPに対応し、少なくない記事が検索上位に上がり、PVは伸びました。本サイトでいうと、数万PV〜という成長段階に入った形です。

しかし、同時に失われるものがあります。広告売上です。

サイトにはいくつかバナーが入っているとは思いますが、この表示する、しない、がサイトの運用に関わる問題になりました。

数万PVのサイトながら、AMPにしていると、広告が入り込まないページも多数存在します。広告表示と、読者の皆様への快適な表示のバランスを鑑みて、今回は、AMPページからの撤退を決断いたしました。

もしかすると、読者の皆様にはご迷惑や表示速度の低下といった、ユーザービリティの低下もお気づきになられる方がいらっしゃるかもしれません。

それは本当に申し訳ないのですが、最低限のサイトデザインと、売り上げのため、AMP化からの撤退にご理解を頂ければと存じます。

■AMPからの撤退方法

AMPから撤退する方法は、大きく3つあります。

1、まずはプラグインを「停止」する。

2、そして、.htaccessに特定の記述をします。

.htaccessとは

.htaccessとは? - Qiita
`htaccess` と言う単語自体はちょくちょく聞いたりしてたんですが、 そもそも `htaccess` 自体が何なのか、何を指しているのかよくわからなかったので、 それに関しての備忘録です。 #.htaccess とは .hta...

.htaccessへの記述内容はこちらです。
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^(.*)/amp/?$ $1 [R=301,L]

これにより、AMPページのURLは無くなりますが、正規ページへのリダイレクトがされることになります。このリダイレクトは「301リダイレクト」と言います。

検索面でも非常に重要です。

3、サーチコンソールで特定URLの変更をGoogleに伝える

特にトラフィックの多い記事ページについては、サーチコンソールでそのURLの変更を、Google側に直接伝えると良いです。

現状では、サーチコンソールの上部にある、特定のURLの検索に対象URLを入力し、「インデックス登録をリクエスト」します。

そうすると、数秒で、その特定URLはAMPではなく、正規URLに変わっていますので、これで一旦は完了です。

■AMPページの使い方は注意

今回の本サイトでの対応は、基本的に少数で管理しているサイトにおける事例です。大規模サイトの場合はAMP化もさほど売り上げダメージではないでしょう。

小規模サイトでは、正規ページのほかにAMPページが生成されると、対応すべきURLが純粋に2倍になります。

そのため、広告に関しても2倍の対処が必要なのですが、売り上げは減少しがちです。ここに対応するのが小規模リソースだと大変です。

AMP対応してみても良いでしょうが、サイトの収益や目的に即していないようであれば、やめるという判断もありなのではないでしょうか。

売り上げの低下がサイトの運用モチベーションの低下にもつながります。

ユーザーに有益かつ、サイト運営が続けられる、という一見相反する目的ではありますが、その目的をバランスよく構築して拡大していくことが、サイト運営の基本であるように思います。

タイトルとURLをコピーしました