ナイキが昨年、自動で靴紐が締まる、ハイパーアダプトを投入した。8万という高額もあり、数回にわたり再販がなされた。デザインも複数展開されたことは記憶に新しい。

筆者は、ハイパーアダプトを試着したことがある。

印象としては、実サイズよりキツイため、大きめサイズを選んだ方が良いということがわかった。通常のサイズより1センチは大きめがよいだろう。

自動で靴紐が締まるのは、純粋に感動したが、これが8万となると話は変わる。

例えば、エアマックス95ネオンは1万8000円程度の定価で、プレミアムがついて4、5万円が相場だ。

需要と供給のアンバランスで生まれるのがプレミアムだが、エアマックス95でもその程度だ。

ハイパーアダプトがいかに高いかがわかる。

市場は敏感で、スニーカー愛好家とは違う層が入手したのではないかと考えてしまう。8万あれば、エアマックス95が手に入り、下手するとジョーダン1すら、転売プレミアム価格でも買える。

そんななか発表があった、アダプトBBは、4万円にて発売が見込まれている。2月17日とのことだ。

最近は、fear of godとのコラボが4万円に迫る定価など、かなりなじむ金額感ではある。

アッパーはフライニット、ワイヤーでアッパーそのものが自動調整され、スマホ連携するようだ。

¥ 241,831

関連記事

ナイキのローカット戦略が功を奏していると言える理由

エアマックス90 バイオテック、完売表示もその後在庫有りの謎

ジョーダン1トラビスLowがいきなり発売も転売祭りが悲惨

待望の人気モデル、ジョーダン4クールグレーが祭りの狼煙になるか

苦肉のジョーダン1投入が示す、SNKRSの深刻

オフホワイト×ナイキの人気爆発モデルが2019年後半のスニーカー市場を席巻する!?

コメント

コメントを返信する