11月に入り、ジョーダン1乱れ打ちの様相を呈してきた。

ナイキならず、スニーカー界全体の中でも突出した存在のジョーダン1だが、ナイキがここにきて惜しげも無くジョーダン1に頼りはじめた。

すでに発売してしまったが9月末は、つま先カラーのグリーンとパープル。

そして、少し間を置いて10月末のジョーダン1PSG。

続いてNot for resale

11月17日は、3足。

ルーキーオブザイヤー

そして、ユニオンとのコラボ。

これに加え、11月27日は、スポーツイラストレーテッドとのコラボまで、投入の見込みだ。

オフホワイトが投入されるごとに盛り上がる界隈だが、やはり少しずつオフホワイト疲れは見えていた。

オフホワイトコラボのブレーザーあたりがピークで、ブレーザーのセリーナまでは盛り上がったが、そのあと、オフホワイトを連投するのはオフホワイトコラボ自体を傷つけてしまう恐れがある。

ナイキの敏感さは凄まじく、その影響もあってか、ジョーダン1にシフトしたように見える。

関連記事

ナイキのローカット戦略が功を奏していると言える理由

エアマックス90 バイオテック、完売表示もその後在庫有りの謎

ジョーダン1トラビスLowがいきなり発売も転売祭りが悲惨

待望の人気モデル、ジョーダン4クールグレーが祭りの狼煙になるか

苦肉のジョーダン1投入が示す、SNKRSの深刻

オフホワイト×ナイキの人気爆発モデルが2019年後半のスニーカー市場を席巻する!?

コメント

コメントを返信する