スニーカー界隈では10月3日のオフホワイト×ナイキブレーザーが大注目だが、9月末にひっそりと、しかし一定の人気で完売しているモデルがある。

アディダスのドラゴンボールコラボだ。

まずは悟空とフリーザモデルが発売された。発売当日の9月29日は、悟空モデルがほぼ即完売。フリーザも遅れて完売となった。

しかし、アディダスはこの完売モデルを、全面に押し出さない。なぜだろうか。

まずひとつ考えられるのは、システム的な要因だ。完売モデルの情報を出さないように設計してあるということだ。

つぎに考えられるのは、ブランドへの影響だ。

ナイキなどもよくコラボはあるが、アニメコラボは珍しい。通常はアスリートコラボ、ファッションブランド同士のコラボが多い。今回のドラゴンボールコラボは、未知数であり、強烈にプッシュせずに動向を窺っている可能性がある。

ブランド同士のコラボとして、広く見れば新鮮であり、アディダスの新たな勝ち筋かもしれない、ドラゴンボールコラボに注目だ。

関連記事

オフホワイトやイージーを脅かす?ナイキコラボのフィアオブゴッドとは

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか