9月22日に発売とされていた、ACGラックルリッジのブラック。

これが発売日移動。29日になっている。

このように、本サイトツイッターアンケートでは、20日、22日にかけて発売される人気プロダクトの参戦意向調査をしたが、ラックルリッジブラックは人気を相対的に落としていた。

本来ならば、即完売モデルだけに、チャンスになるやもしれなかったが、調整が入ったようだ。

アクロニウムの在庫数の多さによる、転売価格低下はかなりの衝撃であり、ナイキ的には最近の新モデル過多についても、最適化が求められているのかもしれない。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、購入希望者はほとんどゲットか?

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか