本日発売のアクロニウム×エアプレストだが、メルカリ転売価格が2万8000円以下まで値下がり。定価割れまで起こす可能性もある。

こちらは本日昼ごろのメルカリ。

そして以下が定価割れもちらつく20日夜のメルカリだ。

在庫数が相当多く、これまでの同モデルのブランド価値を揺るがしかねない事態だ。

この分では、リストックも発生しそうであり、さらにブランドのあり方を問われる。

難しい舵取りとなっているように感じるが、ナイキらしからぬ展開だ。

関連記事

イージーブースト350V2が買いの1足である理由

GOATでジョーダン1ロイヤルを買ってみた

air fear of god 1ライトボーン参戦意欲は53%

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

StockXとGOATはどう違うのか