ナイキのヴェイパーマックスといえば、昨年より一世を風靡してきたが、ここにきて陰りが見られる。

まずは、ヴェイパーマックスシリーズの迷走感だ。

初代ヴェイパーマックス、そしてヴェイパーマックス2、さらにはヴェイパーマックスプレミアなど、派生モデルを展開するのは当然だが、なかなか当たりが出ない。

結果迷走感は拭えない。

つぎに、人気モデルのヴェイパー化。

エアマックス95に象徴されるヴェイパーソールの展開も広がりを見せるが、そもそも、既存のアッパーにヴェイパーソールをつけていくことで、本来のヴェイパーソールを感じられるのだろうか。

フライニットアッパーだからこそのヴェイパーソールではないのか。

ヴェイパーマックスが下火に感じる理由の最後は、投入モデルの数のひと段落感。

これは単純に数の感覚だが明らかに、少なくなっていると見られる。

以上から、ヴェイパーマックスの下火感を見ているが、皆さんはいかがだろうか。

関連記事

毎週オフホワイトが発売できるわけではない、ナイキの巧妙な仕掛け

オフホワイト×ナイキブレーザーにみる、転売価格は人気だけで決まらない事情

オフホワイト×ナイキブレーザー、真の争奪戦はセリーナ・ウィリアムズで勃発か

アディダス×ドラゴンボール発売!親切すぎる対応が、ブランドに貢献しない理由

ジョーダン1つま先カラー、パープルゲットは9%。ジョーダン1購入のカラクリ

アクロニウム×ナイキエアプレストが切り拓く、ジッパースニーカーの未来