ナイキのヴェイパーマックスといえば、昨年より一世を風靡してきたが、ここにきて陰りが見られる。

まずは、ヴェイパーマックスシリーズの迷走感だ。

初代ヴェイパーマックス、そしてヴェイパーマックス2、さらにはヴェイパーマックスプレミアなど、派生モデルを展開するのは当然だが、なかなか当たりが出ない。

結果迷走感は拭えない。

つぎに、人気モデルのヴェイパー化。

エアマックス95に象徴されるヴェイパーソールの展開も広がりを見せるが、そもそも、既存のアッパーにヴェイパーソールをつけていくことで、本来のヴェイパーソールを感じられるのだろうか。

フライニットアッパーだからこそのヴェイパーソールではないのか。

ヴェイパーマックスが下火に感じる理由の最後は、投入モデルの数のひと段落感。

これは単純に数の感覚だが明らかに、少なくなっていると見られる。

以上から、ヴェイパーマックスの下火感を見ているが、皆さんはいかがだろうか。

関連記事

ジョーダン1ウィークは愚策だったのか

「ジョーダン1」ウィーク突入!入手したいジョーダン1を入手する方法

ジョーダン1リストックウィークで参戦すべき一足とは

イージーブースト350V2が買いの1足である理由

アディダスのイージーブースト在庫余りに見る、ナイキ対策

GOATでジョーダン1ロイヤルを買ってみた【完結篇】