8月25日は、ナイキだけで6商品が投入されるある種の祭り。

祭りならば踊らにゃ損、ということでもし参戦商品に迷いがあるならば、本サイトからはACGシリーズへの参戦を進める。

理由は、ACGシリーズの歴史とブランドの普遍性にある。簡単に言うと価値が落ちないだろうということ。

まず歴史があるため、古くからの固定ファンから需要がある。また当然新しいファンも獲得していくわけで、いまの新しいファンが、時を経て古い固定ファンに変質していく。

こうした一定のファン層の維持機能が働いているのがACGシリーズだ。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、参戦意向72%