8月25日は、ナイキだけで6商品が投入されるある種の祭り。

祭りならば踊らにゃ損、ということでもし参戦商品に迷いがあるならば、本サイトからはACGシリーズへの参戦を進める。

理由は、ACGシリーズの歴史とブランドの普遍性にある。簡単に言うと価値が落ちないだろうということ。

まず歴史があるため、古くからの固定ファンから需要がある。また当然新しいファンも獲得していくわけで、いまの新しいファンが、時を経て古い固定ファンに変質していく。

こうした一定のファン層の維持機能が働いているのがACGシリーズだ。

関連記事

エアマックス95ミントラッシュでわかる、ナイキブランド戦略のアディダス化

ジョーダン1トラビス・スコット、5月11日9時発売…トラビス・スコットって何者?

自動で靴紐が締まるアダプトBBからフューチャーオブザゲーム投入。アダプトBBは成功に近づいた

ジョーダン1ピンク×ブラックに人気がない理由

アダプトBBは成功するのか?

オフホワイト×エアマックス90が今後のコラボを左右する理由