ジョーダンブランドの最近のレトロ戦略の一部は、元のスケッチからマイケル・ジョーダンの象徴的な瞬間まで、完全なストーリーに敬意を表しています。

ジョーダンのラインの主人公として、デザイナーのティンカー・ハットフィールド氏は、スケッチにインスパイアされた特別版のエア・ジョーダン3を展開。

リークアカウントPinoe77によるとジョーダンの最初のチャンピオンシップシューズ「エア・ジョーダン6」の「ティンカー」バージョンがすぐに小売りに出るということです。

UPDATE(05/22):Pinoe77とcoley2xsは、手持ちの画像がまだ漏れていない間、 “Tinker” Air Jordan 6に関する詳細を削除しています。

最新のニュースによると、モデルは “White / Infrared” OG Nike Air Trainer SC 2からページを取ってくるカラーウェイ。伝えられるところによれば、赤色のアクセントとダークネイビーのミッドソールを備えた白とグレーのアッパーを特徴とするそう。

このペアは2018年10月6日に190ドルで落ちる予定で、子供のサイジングも可能です。

UPDATE(07/19):Pinoe77は、10月6日にリリース予定の “Tinker” Air Jordan 6を初めて公開しました。

エア・ジョーダン6 “Tinker”
リリース日:18/06/6
カラー:ホワイト/赤外線/グレー
スタイル#:384664-104
価格:$ 190

Solecollector

https://solecollector.com/news/2018/07/tinker-hatfield-air-jordan-6-vi-release-date

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か