アメリカの大手スニーカー小売店、フットロッカー。

オンラインではもちろん、小売店も展開しており、スニーカーフリークは一度ならず聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は、アメリカ、ハワイの最大ショッピングモール、アラモアナセンターにある、フットロッカーへ行った様子をレポートします。

◆アラモアナセンターは競合小売店がひしめく激戦区

フットロッカーだけでなく、スニーカーだくでも数店舗が入っているアラモアナセンター。

加えて当然ながら、スニーカー以外の小売店も多数あり、靴というジャンルに広げるだけで、すごい数になります。

そのため、フットロッカーだけでなく、狙いを広く定めている方が得かもしれません。

◆しかし今回はフットロッカーのレポート

フットロッカーは、ワイキキ店も存在します。(ワイキキ店については別のレポートを用意します。)店舗の内装は、ワイキキ店、アラモアナ店とも、似た構図です。

店の間口は広く、左右の壁にスニーカーが並んでいます。

中間の空間には、服やソックスなども並びます。

そして奥に、壁の色がダークに切り替えられ、希少かつ比較的マニアックなスニーカーが並びます。

ナイキSNKRSで売られるアイテムは奥にあります。

◆アラモアナ店で気になったのは安さ

ワイキキ店と比べ、アラモアナ店の品揃えは、よくありません。よくないというのは、希少モデルがさほどない、という意味です。筆者が比較した限りですが。

ただ、値段についてはアラモアナ店の方が安いものがありました。

その一つは、ジョーダン1シャドーのキッズサイズです。これが50ドルでした。

ワイキキ店では同じものが70ドルでした。

アラモアナ店で一番悩んだのは、このキッズサイズのジョーダン1シャドーを買うか否かでした。結果買いませんでした。

なぜかというと、アラモアナ店に行った時点では、ワイキキ店の価格を知らなかったからです。

ワイキキ店にあれば、価格は同じだろうから焦ることはない。と考えていたのが間違いでした。

読者のみなさんは、うまく買い物してください。

◆フットロッカーの接客は良い

日本の接客は世界でもトップレベルです。

客によりそう接客は、海外ではまずありえないです。

また、フットアクションなどの他店でも、かなりそっけない接客でした。これが普通です。

しかし、フットロッカーは、接客レベルが高いです。

スニーカーを眺めていれば、何かあれば言ってください、と店員が声をかけてきます。

アラモアナ店などは特に競争にさらされているので、接客にも力を入れているのかもしれません。

◆ちなみに筆者が行ったときにもっとも希少なモデルはジョーダン2メロ

でした。

これもワイキキ店にあるかも、ということで、手は出しませんでしたが、金額的にはアラモアナ店がお得だったかもしれません。

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か