1980年代、PUMAは、厳しい性能基準と、スタイリッシュなパッケージとを組み合わせたランニングシューズであるRS-100を導入しました。

まもなく、PUMAは、時間、距離、カロリーなどの実際の走行データを記録したヒールモジュールに組み込まれたカスタム設計のコンピュータチップを使用したRSコンピュータシューズを発表しました。

両方のシルエットが成功した後、RSシリーズはRS-350と呼ばれる第3のモデルを導入することで、未来的な美を追求しました。

30年後、PUMAはOGの “アーカイブグリーン”カラーウェイティングでこの優秀なプロダクトを再起動します。

RSコンピュータスニーカーを近代化したものであるRS-0からスタート。

かかとモジュールを取り外すと、RS-0は、滑らかなシルエット、ストライプのプーマロゴ、靴のかかとと足裏のロゴ、緑色の色合いでオリジナルを完全に刷新します。

RS-100とRS-350は、初期設計時に忘れられないヒットとなった同じデザインと素材の手がかりを使って、レトロ性を復活させます。

このOGからインスパイアされたプロダクトに加えて、Pumaは、ゲーム、音楽、写真、その他の創造的なベンチャーのテーマと結びつきながら、影響力のあるブランドや個人とのコラボレーションを通じて、これら3つのモデルの周りに注目すべき計画を立てています。

Puma RS Collectionは、4月14日に一部の小売店で発売され、4月19日にグローバルリリースが予定されています。

Sneakernews さんより↓

PUMA Reinvents The R-SYSTEM Legacy With Three Iconic Models

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か