3月24日に発売されたジョーダン3ティンカー。

ジョーダン1ゲームロイヤル、エアマックス1/97と人気作が同時販売であったが、やはりティンカーは品数が少なく、プレ値が引き上がった。

ニューヨークに店舗があり、オンラインでも販売するフライトクラブでは、ジョーダン3ティンカーが665ドルからとなっている。

これはジョーダン1ロイヤルなどを上回る跳ね方だ。

もしかすると、24日にジョーダン1ゲームロイヤルなどが合わせて展開されたのは、ジョーダン3ティンカーへの人気集中を避けるためだったのだろうか、とさえ推測すらしてしまいそうだ。

しかし、品薄、需要と供給のアンバランスこそ、スニーカー市場の魅力でもあるので、消費者は、足と情報を武器に、欲しいプロダクトを手に入れるために勝負していくしかないのだろう。

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か