最近数週間で、パフォーマンスランナー、ラストレスバスケットボールシューズ、さらにはY-3のハイエンドモデルにもアディダスの4D技術が適用され、未来的なミッドソールがブランドに貢献しています。

初期の情報によると、FutureCraft 4D x I-5923モデルは、元のInikiスタイルを連想させる “赤/白”のカラーウェイで9月にリリースされます。

Adidasの急速な成長を遂げている4Dラインナップの他のモデルと同様に、このスタイルではSilicon Valleyのテクノロジー企業CarbonのDigital Light Synthesisを利用しています。

Solecollector さんより↓

https://solecollector.com/news/2018/03/adidas-futurecraft-4d-i-5923-release-date

関連記事

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

靴紐の結び方② きれいな見た目のディスプレイシューレーシング

フリマサイトでスニーカーの偽物を見分ける方法

2018年スニーカー界隈まとめ!と年末の御礼

12月27日のジョーダン1対イージーブースト対FOGは転売祭りへ

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ