日本のスニーカーコレクターにとって、メルカリはどのような場なのだろうか。

一般コレクターにとっては転売サイト。転売屋の売り上げ元だろうか。

いや転売事業者はもっと大きく、テクノロジカルに事業を展開しているだろうか。

はたまた楽天などもその温床かもしれない。

ここでは転売事業者が個人か法人か、で分けて考えることは意味を成さない。

メルカリを購入の場とした場合、敗者復活の場でもある。

ナイキ、エアマックス95ネオンイエローの、現状のメルカリ相場は4万円程度。AJ1つま赤も、3〜4万円だがこちらはサイズが少なくなっている模様だ。

オンライン購入競争が激化し、いわゆるプロがbotなどで買い漁るいま、メーカーと転売事業者のテクノロジー合戦が続き、そして消費者が余計に搾取される構図もある。

しかし、需要と供給のアンバランスさが、ブランドを生む意味では、メーカー側が作為的にアンバランスを作る戦略があって当然である。

この間を縫って存在感を増すメルカリ、転売事業者。この全体像では、どのプレイヤーもゲームを楽しんでいるということだろう。

関連記事

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

フリマサイトでスニーカーの偽物を見分ける方法

2018年スニーカー界隈まとめ!と年末の御礼

12月27日のジョーダン1対イージーブースト対FOGは転売祭りへ

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由