アメリカには、日本にはないモデルや、発売前のモデルが多数存在する。

フットロッカーは、大手スニーカー小売店。ハワイに限っても、巨大なショッピングモール、アラモアナセンターに店舗を構えていながら、特に観光客が密集する、ワイキキにも店舗を構える。

今回は、フットロッカーワイキキ店の様子をお伝えする。

◆まず価格

アラモアナセンター店に比べると、もしかすると若干高めかもしれない。

筆者は、キッズサイズのジョーダン1シャドーを購入するか迷い、アラモアナセンター店で50ドルのものをスルーした。

理由は、宿泊しているホテルから、フットロッカーワイキキ店なら徒歩で行けるため、アラモアナセンター店で急いで買う必要もないと判断したからだ。

しかし、この判断は間違い。ワイキキ店ではジョーダン1シャドーのキッズサイズが、70ドル。これでは、アラモアナセンター店で買うのが正解である。

そんなことから、フットロッカーワイキキ店は、価格面ではモノにより、注意が必要かもしれない。

◆店舗のラインアップはワイキキ店も良い

価格面ではアラモアナセンターが少し優秀ではあるが、商品ラインアップはどうか。

これはワイキキ店もなかなか良いのではないかと感じた。

まずサイズだが、アメリカだけにかなり大きなサイズが並んでいる。

ヴェイパーマックスなどは、よくぞ大きなビジブルエアを作ったものだと感じた。材料の量も、大きなスニーカーは多く使うのではなかろうか。

ラインアップにもどる。

店舗の奥に、比較的希少なモデルが並んでいるのはアラモアナセンター店と同じだ。

ワイキキ店には、

Sun of mars

ジョーダン1ハイパーロイヤル(日本ではまだ発売されていなかったタイミング)

ジョーダン2メロ

ジョーダン1ゲータレード オレンジ、グレープ

ジョーダン6 ゲータレード

などなど、日本の路面店で定価購入するのは難しいモデルがならんでいた。

個人的に迷ったのが、エアトレーナーのグレー×ピンクだ。

日本では見られないモデルで、店舗の奥にひっそりと置かれていた。

人気がないのかもしれないが、非常に惹かれた。

関連記事

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か

オフホワイト×ナイキブレーザー、ベージュのハロウィン、10月3日近辺の発売が濃厚!

まもなく、本日9時発売!ジョーダン5フレッシュプリンス