本日5月25日、ジョーダン1×SBのLA to Chicago と、NYC to Paris が同時に発売された。

かねてより、LAの方が人気が高く、転売価格にも如実に表れていたが、実際どうだったのだろうか。

まずは本サイトツイッターアカウントで調査した事前の人気だが、あきらかにLAが人気を集めていた。

人気差は4.6倍。なぜNYCの4.6倍、LAが人気だったのだろうか。

理由の一番は、やはりストーリー性だろう。

LAはレイカーズのストーリーに沿って、カラーリングされている。スニーカーファンが、レイカーズのカラーリングに魅力されるのはストーリーとして王道だ。

その点NYCはストーリーでやや劣る。

そんなことで、メルカリ転売価格も、LAが数も少なく、売れる売れないはともあれ8万円ほどで転売されているなか、NYCは3万円でかつ、かなり数も出ている。

どこから情報が漏れているかわからないが、もしかするとLAは在庫も少ないということが推測されていたのかもしれない。

いずれにしても、人気、在庫とも、LAが希少でその通りの展開となった。

さて、発売後、スニーカーファンたちが実際に購入できたかを、アンケートしている。

アンケートは本稿執筆時点でまだ残り22時間以上あるので暫定数値だが、両方ともゲットできなかったひとが8割。NYCゲットが15%、LAゲットが3%となっている。

やはりLAはNYCの5分の1しか在庫がなかったのかもしれない。

ご興味のあるかたは、ぜひツイッターアカウントでフォローしてほしい。

関連記事

ナイキSNKRSアプリでバグ表示、ジョーダン4フライニットが大量発売?

アダプトBBのグレー「参戦しなかった」が80%超え!参戦者のうちゲット率は20%超!

実録!ナイキブレーザー×sacai、当選表示も購入済みにならない結果…

実体験、ナイキブレーザー×サカイで一旦購入済み表示からのキャンセル?

ナイキブレーザー×サカイ、購入できたはずなのに謎の強制キャンセル相次ぐ

SNKRSでリストック販売が下火かもしれない、今こそ構えを!