12月8日発売予定のジョーダン11コンコルド。

本サイトツイッターアカウントでアンケートした結果、参戦意向は38%と、あまり人気がないようだ。

参戦しない、が51%で過半数を超えた。

ジョーダン11コンコルドは本当に不人気なのか。不人気の理由を検討する。

・再販されまくっている

1995年に発売されたコンコルドだが、2000年、2011年に再販されている。そしてこの2018年を入れると4度目になる。

ジョーダン1に関しても同様の再販が何度も行われているが、毎回大人気で終わる。

ジョーダン11についても大人気かといえば、そうではない。

やはりジョーダン1にはなかなか勝てないというのが現実だろう。

・パテント素材の是非

ジョーダン11コンコルドは、アッパーにパテントを使用しているのが大きな特徴だ。このパテント素材については好き嫌いがあるだろう。

光沢や、馴染み方という意味では独特なパテント素材。だが、95年に登場した時は、たしかに革新的だったことはまぎれもない事実だ。

・ジョーダン1やオフホワイトの存在

いくらスニーカー好きといえど、予算に限りはある。11月にかけてはジョーダン1が多数投入され、オフホワイトコラボも随時登場が見込まれる。

ジョーダン11コンコルドが相対的に、玄人好みでもあるため、倍率が跳ね上がらないということは、可能性として多いにある。

—-以上が、ジョーダン11コンコルドの参戦意向が想像より低くなりつつある理由である。

転売市場が活性化しており、業者は定価で手に入れたいだろう。業者同士の熱は高いと見られる。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

イージーブースト350V2セサミ、1週間履いてみてわかった完成度

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、購入希望者はほとんどゲットか?

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか