10月3日に発売されたオフホワイト×ナイキブレーザー。

ブラック、ベージュ、セリーナカラーと3モデルで明らかに希少性が高いのは、セリーナだ。

メルカリには、ブラックとベージュがあふれている。

さて、本サイトツイッターアンケートでは、どの程度の勝率だったかを把握した。

敗退が全体の8割。

注目のセリーナゲット率は8%。ブラックが10%、ベージュが4%だった。

メルカリ転売数からするに、セリーナのゲット率が高く感じるが、200以上の回答のため、それなりに信憑性があるのではないかと考える。

転売価格はカラー問わず跳ね上がっており、これについてはある程度ナイキの計算通りであるようにみえる。

関連記事

アダプトBBのグレー「参戦しなかった」が80%超え!参戦者のうちゲット率は20%超!

SNKRSでリストック販売が下火かもしれない、今こそ構えを!

5月30日発売、ナイキブレーザーMID sacai、人気カラーはブルーか

ジョーダン1×SB、LA to Chicagoと、NYC to Parisの人気が二分した理由

オフホワイト×ナイキのコラボ、エアマックス90、ブラックが64%の圧倒的人気

air fear of god 1ライトボーン参戦意欲は53%