10月3日に発売されたオフホワイト×ナイキブレーザー。

ブラック、ベージュ、セリーナカラーと3モデルで明らかに希少性が高いのは、セリーナだ。

メルカリには、ブラックとベージュがあふれている。

さて、本サイトツイッターアンケートでは、どの程度の勝率だったかを把握した。

敗退が全体の8割。

注目のセリーナゲット率は8%。ブラックが10%、ベージュが4%だった。

メルカリ転売数からするに、セリーナのゲット率が高く感じるが、200以上の回答のため、それなりに信憑性があるのではないかと考える。

転売価格はカラー問わず跳ね上がっており、これについてはある程度ナイキの計算通りであるようにみえる。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、購入希望者はほとんどゲットか?

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、参戦意向72%