10月3日に発売となる、オフホワイト×ナイキブレーザー。なかでもセリーナ・ウィリアムズカラーは、もっとも激戦になる見込みで、転売価格も高騰するだろう。

本サイトツイッターアカウントでは、セリーナカラーの転売があった場合の購入意向を調査。

その結果、13%は転売価格10万円以上でも買うと意思表示している。

5万円以上でも買うのが15%、3万円以上でも買うのが13%というのが、本稿執筆時点での速報値だ。

オフホワイト×ナイキブレーザーは、ブラックとベージュも展開されるが、こちらはもう少し購入しやすくなっているとみられる。在庫もセリーナカラーよりは厚いだろう。

関連記事

オフホワイト×エアマックス90が今後のコラボを左右する理由

アディダスのイージーブースト在庫余りに見る、ナイキ対策

オフホワイト×ナイキのコラボ、エアマックス90、ブラックが64%の圧倒的人気

air fear of god 1ライトボーン参戦意欲は53%

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

StockXとGOATはどう違うのか