物議を醸したジョーダン1つま先カラーのグリーンとパープルのSNKRS発売。

9時発売予定も、本サイト調査によると90%ほどの人がアクセスできない状態に。

その後つながったのは10時頃で、ちらほらツイッターで購入報告も見られた。もちろん、ツイッターでの購入報告が、 botによるつぶやきである場合もあり、すべてが正規の購入報告とも認めにくい。

いずれにせよ、SNKRSの発売は少なからずトラブルめいた。

ジョーダン1つま先カラーであるが、この度本サイトツイッターアカウントでは、購入者数を調べている。

本稿執筆時点では、90%は購入していないが、9%がパープルを手にし、1%がグリーンを手にしたもよう。

転売価格は、パープルがグリーンより高い。しかし、てにしているのはパープルが多いという結果になっている。

在庫数と転売価格の関係を紐解くならば、グリーンの方が在庫数が少ないため、希少性は高いだろうが、それに対しての需要という面で、パープルがグリーンを上回っていた。

つまり、グリーンの在庫数が10として、パープルが20とする。

そこにグリーンは20の需要、パープルは60の需要がある。

するとグリーンの倍率は、2倍。パープルの倍率は3倍となり、パープルのほうが購入困難になる。

以上のような力学が働いているとみられる。

まだアンケートは、実施しているためご参加いただきたい。

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、1週間履いてみてわかった完成度

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、購入希望者はほとんどゲットか?

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ナイキ エアリバデルチの新色がSNKRSではなくatmosで発売される理由

ジョーダン1乱れ打ち!オフホワイトだけに頼れない事情