9月13日10時に発売のナイキ×アンダーカバーリアクトエレメント87。

スケルトンアッパー、特徴的なソール、全体的に未来と過去を包含したデザインで、カラーも4種から選べる。

魅力的なプロダクトだが、購入に踏み切るまえに、知っておくべことがある。

まずは、9月15日の発売プロダクトについてだ。

アディダスからイージーブースト700が出ることは確定している。もちろん抽選を突破しなければならない。

同日、もしかするとオフホワイト×ナイキブレーザーが投入される可能性もある。

さらに翌週、9月22日は、ジョーダン1のつま先カラー、パイングリーンやコートパープル、そして、オフホワイト×ナイキブレーザーの別カラーも発売の可能性。さらにさらに、アディダスイージーブースト350ホワイトまでも視界に入ってくる。

こうしたバランスのなかから、リアクトエレメント87へ参戦するか、しないか。参戦して勝利した場合、そのほかのモデルについては参戦をさらにするのかしないのか。

非常に悩ましい参戦戦略が求められる。

関連記事

オフホワイト×ナイキエアマックス97、転売価格は10万円超え

オフホワイト×ナイキエアマックス97、発売確定のグレーに加えサプライズでブラック投入か

オフホワイト×ナイキエアマックス97、参戦意向92%の驚異的人気

オフホワイト×ナイキエアマックス97、参戦率が過去最高

毎週オフホワイトが発売できるわけではない、ナイキの巧妙な仕掛け

アディダス、フューチャークラフト4Dエアログリーンはプレミア価格高まるか?