最近耳にするようになってきた、ダッドスニーカーのトレンド。どうやらこの向きは、いまのところ加速しそうだ。

ところでダッドスニーカーは、どんなスニーカーを指しているかご存知だろうか?

ダッドスニーカーはソールが厚く、大きい

まず特徴はソールが厚いこと。バレンシアガなどがダッドスニーカーの火付け役だが、まさにソールが厚い。

このテクノロジー全盛時代に厚みのあるソールというのも、ファッションは決して心地やすさだけで決まらないということの裏付けだろう。

ダッドスニーカーのアッパーは多層

アッパーに関しては、複数の生地が重なるようにして構成されていることが多い。

フライニットなどはむしろ生地が一枚織であることなどに注力されており、テクノロジーばかりが時代を作るわけではないのだ。

1990年代デザインを感じさせるダッドスニーカー

総じて、テクノロジーよりもファッションのサイクルに適合したデザインがダッドスニーカーとして今の時代に登場しているのだろう。

バレンシアガに始まり、スニーカーブランドでなく、ハイブランドのスニーカーにダッドスニーカーが浸透している。

男性よりは女性にさきに浸透しているダッドスニーカーだが、ナイキ、アディダスはじめスニーカーのトレンドとして確実に広がっている。以下にダッドスニーカー的デザインの代表を紹介する。

バレンシアガ トリプルSトレーナー

バレンシアガ トリプルSトレーナー
11万3400円
バレンシアガ トリプルSトレーナー
11万3400円

グッチ 〔ライトン〕ウェブ プリント レザースニーカー

〔ライトン〕ウェブ プリント レザースニーカー
¥ 116,640 (税込)

ルイ・ヴィトン ランアウェイ パルス・ライン スニーカー

ランアウェイ パルス・ライン スニーカー

ナイキ MK2テクノ

MK2テクノ

アディダス イージー500

イージーブースト500ムーンイエロー

アディダス イージー700

イージーブースト700

関連記事

毎週オフホワイトが発売できるわけではない、ナイキの巧妙な仕掛け

オフホワイト×ナイキブレーザーにみる、転売価格は人気だけで決まらない事情

オフホワイト×ナイキブレーザー、真の争奪戦はセリーナ・ウィリアムズで勃発か

アディダス×ドラゴンボール発売!親切すぎる対応が、ブランドに貢献しない理由

ジョーダン1つま先カラー、パープルゲットは9%。ジョーダン1購入のカラクリ

アクロニウム×ナイキエアプレストが切り拓く、ジッパースニーカーの未来