アディダスが、コラボし大人気スニーカーとなっているイージーブースト。

ここでは改めて、イージーブーストのストーリーを解説します。

◆アディダスとカニエ・ウェストのコラボ

2015年2月、アディダスオリジナルスとカニエ・ウェストのコラボにより、ニューヨークで発表されました。

◆カニエ・ウェストとは

1977年アメリカ生まれのヒップホップMC、デザイナー、音楽プロデューサーなどの肩書きがあります。

音楽アーティストとしては、その楽曲だけでなく、表現手法や人脈なども含め、話題に欠ない人物ですが、下積み時代もそれなりにあったようです。

View this post on Instagram

Yeezy x @nigo 👀

A post shared by Kanye West (@yeezyscloset) on

◆オフホワイトのデザイナー、ヴァージル・アブローとカニエ・ウェストの関係

ちなみに、ナイキとコラボが人気のオフホワイトのデザイナー、ヴァージル・アブローは、カニエ・ウェストのクリエイティブディレクターとして頭角を現しました。

つまりイージーとオフホワイトのルーツは、カニエとヴァージルでつながっているのですね。

イージーはアディダス、オフホワイトはナイキと、コラボ関係は二分しましたが、実はナイキとイージーにもかつて関係がありました。

◆ナイキ エアイージー1

1000万円を超える転売価格も

2000年代後半から展開されました。

こちらのブラックは、転売価格が1000万円を超えるといった話題まで産みました。

◆ナイキ エアイージー2

エアイージー2

2014年2月、ナイキはカニエ・ウェストと最後のコラボスニーカーを展開。それがこのエアイージー2です。

カニエは、アディダスとの契約以前に、ナイキと契約していましたが、デザイン手数料で折り合わず、アディダスとの契約に至ったのです。

ナイキは、ジョーダンシリーズでマイケル・ジョーダンと契約し、売り上げか利益かは不明ですが、5%の手数料を支払っているそう。しかしイージーに関しては、デザイン手数料をナイキが支払いませんでした。理由はイージーはデザイナーであり、ジョーダンはプロアスリート。その違いだということですが果たして。

いずれにしても結果、ナイキとイージーは袂を分けました。

そんな背景もあり、アディダスがイージーとコラボに至ります。

◆イージー750

イージー750ブースト

そしてアディダスから登場したのがイージー750ブーストです。

形はエアイージー2を彷彿とさせるブーツカットです。

◆イージーブースト350

2015年6月に展開されました。

はじめはベージュ、そしてブラックなどとカラーが増えて行きました。

イージーブースト350初代

さらにイージーブースト350V2として、豊富なバリエーションで展開。ゼブラなどが希少で転売価格が高騰しています。 

イージーブースト350V2ゼブラ

◆イージー500

そしてイージー500。こちらのデザインも物議はありましたが、そんなデザインこそ、イージーなのかもしれません。

◆まもなく発売イージー700

アディダスが今回、抽選方式をとるイージー700。

果たしてどれほどの人気になるのか。

注目です。

関連記事

オフホワイト×ナイキエアマックス97、参戦率が過去最高

毎週オフホワイトが発売できるわけではない、ナイキの巧妙な仕掛け

アディダス、フューチャークラフト4Dエアログリーンはプレミア価格高まるか?

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

まもなく発売!ジョーダン6インフラレッド

オフホワイト×ナイキブレーザーにみる、転売価格は人気だけで決まらない事情