甲子園も佳境に入り、まもなく決勝戦。そして甲子園が終わると、決まって夏の暑さも緩まり、秋に向かう。

スニーカー戦線も、お盆休みと言ったところ。爆発的なオフホワイト×ナイキシリーズでは、エアプレストのブラックとホワイトが、2018年の夏を盛り上げた。

リストック販売も行われ、これでもかというくらいだった。

さて、秋口に向けての仕込みは進むが、その台風の目に、オフホワイト×エアマックス90があるだろう。

デザインの収まり具合は、他のオフホワイトコラボに比べても引けを取らない。

奇抜すぎないデザインは、使いやすさにつながる。

これが何日に発売されるかは不明だが、リストック販売も含めて、要チェックプロダクトになりそうである。

関連記事

エアマックス95ミントラッシュでわかる、ナイキブランド戦略のアディダス化

ジョーダン1トラビス・スコット、5月11日9時発売…トラビス・スコットって何者?

自動で靴紐が締まるアダプトBBからフューチャーオブザゲーム投入。アダプトBBは成功に近づいた

ジョーダン1ピンク×ブラックに人気がない理由

アダプトBBは成功するのか?

オフホワイト×エアマックス90が今後のコラボを左右する理由