アディダスが8月18日に投入した、Solar HU NMD。ファレルウィリアムズのデザインシリーズで、過去モデルは即完売し、プレミアがついた。

発売前、このモデルに対しては、前回の人気を踏襲する向きが強く、スニーカー関連メディアもこぞって情報を出していた。

しかし蓋を開けてみると、本稿執筆時点の8月20日20時時点でまだアディダス公式オンラインストアで購入可能だ。

発売2日でもまだ公式購入が可能ということは、はっきり言ってプレミア価格は当面つかない。

定価が3万円を超える時点でかなり強気ではあったが、需要と供給のバランスをアディダスが読み違えたと捉えるのが正しいだろうか。

それとも、もともとメディアの煽りがお門違いだったのだろうか。

こうしたこともあるのだと、珍しい事例になった。

もちろん、数年後に希少モデルになるのを見越して定価購入するもよし。ある意味、真っ当な在庫量ともいえるのだ。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、参戦意向72%