9月1日発売の、ナイキ ズームストリーク スペクトラムプラス。カラーリングは2種類だが、本稿執筆時、興味深い動向を得た。

StockXでの価格で、カラーリング メロンティントが高騰するかもしれないのだ。

デザインからして、日本人受けするかは見えないが、少なくともアメリカでは秘めたる評価が高いようだ。

カラーリングのテーマは、インターネット勃興期をイメージさせるもの。

日本でも思わぬヒットとなるだろうか。

関連記事

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

12月1日、ナイキSNKRSだけで20足もの新作が発売の狂気

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、転売価格は250ドルか

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、参戦意向72%