ナイキの著名なハイパーダンクは、ハイパーダンクXの10回目の反復で今年も継続する予定です。

ズームエアクッションユニット、軽量の通気性のアッパー、インナーブーティー、足首に高いピークを装備しています。

デザインされたバスケットボールシューズは、象徴的な過去からのインスピレーションを引き出します。

フライワイヤーを追加すると、ここではシンプルなグレー、ホワイト、ブラックの配色で見ることができます。

ハイパーダンクのヒールには “HD”が見え、黒いスウォッシュは中足の足首だけでなく内側の足首にも通じます。

このブランドの新しいハイパーダンクXカラーウェイのピープと公式画像セットを8月にNike.comが調整しています。

Sneakernews

https://sneakernews.com/2018/07/06/nike-hyperdunk-x-grey-white-ar0467-002/

関連記事

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

靴紐の結び方② きれいな見た目のディスプレイシューレーシング

フリマサイトでスニーカーの偽物を見分ける方法

2018年スニーカー界隈まとめ!と年末の御礼

12月27日のジョーダン1対イージーブースト対FOGは転売祭りへ