春を過ぎると当然夏。

しかし、そのまえにあるのが梅雨。

雨が続きますが、そんなときにどんなスニーカーがよいか、を一方的な経験からご紹介します。

◆なんといってもダナー

ダナーをスニーカーと位置づけるのもはばかられてしまうかもしれません。言わずと知れたタフシューズ。登山にもってこいです。

ダナーライトは名作。カラーやバージョンはいくつか出ています。日常履きでもいけますが、やはり本領発揮するのはハードな環境です。

さらにいえるのは、履き心地も相当良いこと。

初めて履いたときの、吸い付くような感覚はダナーならではのものではないでしょうか。

◆何気にジョーダン4

雨の日にジョーダンなんて、と思うでしょうが、筆者はスニーカーは履いてナンボというスタンスなので、ジョーダンでも雨の中履きます。

その中でもタフさが感じられるのがジョーダン4。

アッパーのカカト部分が飛び出しているため、履きなれないとカカトに違和感はあります。が、履きなれれば、問題なし。

全体的な足のホールド感は安定しています。

近しいジョーダン5よりも、ソールとアッパーのバランスがよく、タフなシーンにも信頼できる一足です。

◆番外編、タフに履けない意外なダンク

ナイキのダンクは意外にもタフさがあまりないと感じています。

ソールがそれなりに痛む、アッパーも、破れたりはありませんが、表皮が剥がれる、などの軽度のダメージは出やすい印象です。

ソールの痛みでいくと、削れて穴が開くまでに至ったこともあり、雨では一切履けませんでした。

穴が開くまで履くなということもあるかもしれません。

◆あくまで主観

と、雨に履けるもの、経験からダメな気がしたものをあげました。

ダナーは絶品ですね。

もちろん、フェイクも出回っていますので気をつけてください。

筆者はダナーライトを2足、カラー別で所有しています。アッパーは痛みますが、ソールは変えられるのもポイントですね。

ダナーをeBayで購入

関連記事

エアマックス90 マーズランディング、3月16日9時発売!激戦必至!

ジョーダン4の要点まとめ

イージーブースト350V2が買いの1足である理由

GOATでジョーダン1ロイヤルを買ってみた

air fear of god 1ライトボーン参戦意欲は53%

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ