ナイキのアプリから、本日9時にエアマックス95イエローが発売された。

正確には、再販である。今からひと月まえに、一度発売されたものが改めて発売された。

エアマックス95イエローといえば、当時はエアマックス狩りなる社会現象まで引き起こしたモンスタープロダクトである。

今回の再販は、ひと月前に比べて、アプリからのみ買えるという縛りがあった。ちなみにひと月まえは、アプリはなかった。

このことから、再販できる数は極端に在庫が少なかったにも関わらず、アプリのダウンロードを目的にエアマックス95を再販した、と見られても仕方ない。

さらに推測するに、アプリのローンチが予定より遅れたとみると、今回のエアマックス95のある種無理矢理感のある再販が行われたことも、納得できる。

そして、アプリのダウンロードを促す無理矢理の人気プロダクト再販は、消費者には残念ながら不信感を醸成してしまう。

在庫が少なく、購入が難しいにも関わらず、アプリのダウンロードだけさせた、と。

受給のアンバランスを巧みに利用するのがブランド戦略の根幹だ。消費者はプレ値がつくプロダクトを正規購入するゲームを楽しんでいる。

このゲームを壊す可能性はかねてから、転売事業者の存在で明らかだ。

アプリがプロの転売事業者にハックされているとしたら、ゲームはフェアではない。

それに消費者の多くが気づき、熱狂が冷めないことを祈らずにいられない。
ebayではエアマックス95イエローが4万円ほどで買える

関連記事

八村塁、大注目ジョーダンモデルは何になる?

SNKRSアプリでバグ継続中か、ジョーダン7先行オファーも購入できない?

ナイキSNKRSアプリでバグ表示、ジョーダン4フライニットが大量発売?

実体験、ナイキブレーザー×サカイで一旦購入済み表示からのキャンセル?

ジョーダン1トラビス・スコット、5月11日9時発売…トラビス・スコットって何者?

エアマックス90 マーズランディング、3月16日9時発売!激戦必至!

コメント

コメントを返信する