Hender Schemeとして知られている日本の靴職人達は、プレミアムレザーと贅沢な肌触りで再現された履物をアディダスオリジナルと再び公式に提携しました。

2017年9月にオリジナルのコラボレーションを発表した後、Hender Schemeとadidasは、NMD R1、Superstar、およびMicropacerの元のカラーウェイを尊重する取り組みで、その革新的な製品をフォローアップする予定です。

NMD R1は黒いアッパーと赤/青のバンパーをミッドソールで使用し、Superstarの黒/白のペアリングとライトパープルの未来的なシルバーフォイルは、スニーカー文化のブランドの初期のルーツをたどります。

発売は3月16日と見込まれます。

Sneakernews さんより↓

https://www.google.co.jp/amp/s/sneakernews.com/2018/03/05/hender-scheme-adidas-nmd-og-colors-release-date/amp/

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か