今年は、エア・ジョーダン3の30周年を祝っています。

すでに、ホワイト・セメントとブラック・セメントの象徴的なカラーウェイが復活しています。

今回、特別仕様のAir Jordan 3 Tinker NRGシルエットのリリースが追加されます。

シューズは基本的にティンカーハットフィールドによって設計されていますが、象徴的なホワイトセメントとブラックセメントの色合いが混じった靴です。

ティンカーハットフィールドのオリジナルエアージョーダン3のスケッチに敬意を表し、象徴的なスニーカーの30年を祝います。

スウォッシュのロゴは側面に、 “ナイキ”の襟の内側にブランディング。

かかとの上にナイキエアのブランディング、タンの裏側にグラフィックインソールとティンカーのサインを描いています。

この靴には、ティンカーハットフィールドハンガーグと特別なティンカーハットフィールドボックスも付属します。

Kicksonfireさんより↓

https://www.kicksonfire.com/air-jordan-3-tinker-nrg/

関連記事

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

靴紐の結び方② きれいな見た目のディスプレイシューレーシング

フリマサイトでスニーカーの偽物を見分ける方法

2018年スニーカー界隈まとめ!と年末の御礼

12月27日のジョーダン1対イージーブースト対FOGは転売祭りへ