エア・ジョーダン10が、2018年に戻ってくる。

マイアミのジョーダンがハードウッドへの復帰を決めた瞬間に、この新しいカラーウェイは敬意を表しています。

1995年の3月18日、彼のAirnessは、単に「I’m Back」と読む公式声明でNBAに復帰すると発表した。

微妙な仕上げを望むAir Jordan 10 I’m Backは、ホワイトのレザーのアッパーで、足首の襟、タンと目の前の領域にあるブラックのアクセントと対照をなしています。

ユニットはすべて白で、かかとにはジャンプマンが入る。靴のテーマにオマージュを捧げるディテールは、プルタブに刺繍されたレッドの “I’m Back”と “3.18.95”のテキストを見ることができる。

“マイケル・ジョーダンはエア・ジョーダン10でプレーすることは決してなかった。

アウトソールのデザインは、最近引退した(当時)スーパースターに敬意を表してキャリア成果を列挙した。

そのすべては、1995年3月18日に「I’m Back」というファックスで読まれた。その瞬間を喜び、このAir Jordan 10はきれいな白と黒の色調で「3.8」を記した。 「95」と「I’m Back」はそれぞれ左右のヒールタブのInfrared23に縫い付けられている。

Kicksonfire さんより↓

https://www.kicksonfire.com/air-jordan-10-im-back-first-look/

関連記事

イージーブースト350V2が買いの1足である理由

GOATでジョーダン1ロイヤルを買ってみた

air fear of god 1ライトボーン参戦意欲は53%

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

靴紐の結び方② きれいな見た目のディスプレイシューレーシング