ナイキフリークには今のところ一服感がある。

2月末からのAJ1つま赤、エアマックス95イエロー、レッドと続いてきた影響か。

エアマックス270シリーズのラインアップが厚くなってきたが、いまのところは熱狂的な売れ具合とまではいっていない。

熱狂は定期的に起きる。需要と供給のアンバランス感がプレミアモデルを生む。極めてセンシティブなマーケティングをナイキは積み重ねてきた。

3月3日はオフホワイトコラボのAJ1という、熱狂必至モデルが海外展開されるが、本日3月2日は嵐の前の静けさなのか、はたまた国内では、熱狂疲れなるものがあるのか。

明日のオフホワイトコラボ海外発売に、国内フリークがどう反応するか注目だ。

関連記事

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

フリマサイトでスニーカーの偽物を見分ける方法

2018年スニーカー界隈まとめ!と年末の御礼

12月27日のジョーダン1対イージーブースト対FOGは転売祭りへ

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ