2019年、ジョーダンブランドはエアジョーダン4の30周年を祝う予定です。

その一環として、エアジョーダン4が復活する予定です。

「ブラックセメント」エア・ジョーダン4としても知られ、1999年にナイキエアで打ち出された最後のモデルで、2012年にリリースされた際にはかかとにジャンプマンのロゴを搭載しました。

マイケル・ジョーダンのキャリアで注目されているのは、1989年のNBAプレーオフで「ブレッド」4を着用した「ショット」。

ナイロン、セメントグレー、ファイヤーレッドのオリジナルカラースキームを採用し、ヒールとインソールにナイキエアーブランディングを施したリマスターモデルになりそうです。

NIKE AIR JORDAN 4 BRED、発売は2019年と少し先になりそうですが、注目の一足です。

SBDさんより

関連記事

ナイキ、自動でアッパーが調整されるアダプトBB発売へ

GOATで2015年エアマックス95を買ってみた。その2

靴紐の結び方② きれいな見た目のディスプレイシューレーシング

フリマサイトでスニーカーの偽物を見分ける方法

2018年スニーカー界隈まとめ!と年末の御礼

12月27日のジョーダン1対イージーブースト対FOGは転売祭りへ