9月15日の発売が決まっている、ジョーダン5パリサンジェルマン。

その参戦意向について調査したところ、49%が参戦を示すという、ある種驚きの進捗になっている。

なぜ驚きかというと、StockXの転売価格が300ドル強で、日本円にして3万5000円ほどだが、定価は2万6000円。こうしたプレ値が見込まれるモデルで、購入意向が約5割というのは、これまでのアンケートでは異例だからだ。

背景には、オフホワイト×ナイキブレーザーの存在や、ジョーダン1コートパープル、パイングリーンなどがあるだろう。

ただ、本稿執筆時点の14日17時ではまだ、SNKRSにオフホワイト×ナイキブレーザーは登場していない。

関連記事

オフホワイトやイージーを脅かす?ナイキコラボのフィアオブゴッドとは

オフホワイトコラボのナイキズームフライ、参戦意向75%

イージーブースト350V2セサミ、購入希望者はほとんどゲットか?

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

ジョーダン1ルーキーオブザイヤー、参戦意向72%