スニーカー転売の人々は、なぜいちいち「サイズを間違えた」などと言い訳を記載しがちなのだろうか。

非常に気になり、考えてみた。

理由は大きく三つだろう。

1、本当にサイズを間違えた場合

これは良心的ではある。実際、サイズ違いを本気でしてしまうことはある。とくにUSサイズなどで表記されている場合だ。

こんな場合は転売したとしても良心的なので、常識的な転売者だろう。

2、確信犯的なサイズ間違い

人気スニーカーは、27センチ近辺の黄金サイズの人気が高い。そこん避けて29センチや25センチと言った倍率低めサイズをあえて、転売狙いで購入し、サイズを間違えた、と言い訳して転売するパターンだ。

これは心理的には本物の転売者であり、はっきり言って罪は重いだろう。

3、ただの転売者

とにかく転売だけのために動いいる、プロもしくはセミプロ。

言わずもがな、アウトである。

以上、サイズを間違えた言い訳をしている転売者のパターン分け想定だ。

筆者はちなみに一度もスニーカーを転売したことはないが、本気で海外購入時にサイズを間違えてしまったことがある。

そのスニーカーは、全く履かずに靴箱に封印されている。

関連記事

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か

オフホワイト×ナイキブレーザー、ベージュのハロウィン、10月3日近辺の発売が濃厚!

まもなく、本日9時発売!ジョーダン5フレッシュプリンス