7月28日10時からナイキSNKRSなどで発売になる、オフホワイトコラボのナイキエアプレスト、ブラック。

ホワイトが後ほど展開となり、おそらくホワイトのほうが転売価格が高騰するでしょうが、ブラックの転売価格を今回は予想します。

StockXなどから導いた、転売価格は、7万5000円と読みます。

ナイキ×オフホワイトコラボのモデルのうち、もっとも転売価格が高いのは、第一弾のジョーダン1シカゴ。これが10万円を超えます。

そして第二弾のジョーダン1コラボも10万円を超えるレベルの転売価格です。

こうした相場から考えると、今夏のエアプレストは高騰しても8万円には届かないのではないかと予測します。

筆者の感覚ですが、最近はナイキSNKRSで通常購入がいよいよまた困難になっていそうだと感じます。

オンライン購入に際してはbotがありますし、転売目的のみで購入する人も、増えているでしょう。メルカリなどで簡単に売りに出せます。

ただ一方、メルカリなどを見ていると、なかなか転売が成立しないのではないか、ということも感じます。

そういう意味では、履かれないスニーカーが世の中に眠っている寂しさも感じますね。

関連記事

ナイキ エアヴェイパーマックス95ネオンの転売価格は2万円強か

8月16日発売、エアヴェイパーマックス95ネオン、売れる自信がないといえる理由

エアヴェイパーマックスと、エアマックス95オレンジがそんなに人気過熱しないたったひとつの理由

オフホワイト×ナイキをカスタムしたら本当にカッコいいのか?まとめ

ハイカットスニーカーのコーディネートまとめを作って気づいたこと

ジョーダンレガシー312のプレ値は2万円前後か