6月9日は、スニーカーフリークの祭りになりそうだ。

まずはオフホワイト×ジョーダン1の第3モデル、ユニバーシティブルーが発売。

そしてジョーダン4カクタスジャック。

さらなアディダスイージー500デザートラットからムーンイエローまで発売予定だ。

この3モデルが合わせて発売になることの裏に何かあると疑いたくなるくらいだ。

StockXではすでに、転売価格が見られる。

オフホワイト×ジョーダン1は、2000ドル。

ジョーダン4カクタスジャックが2400ドル。

イージー500はまだ価格が見えない。

本サイトでの予想だが、もっとも入手困難なのはジョーダン4カクタスジャックだろう。StockXの価格といい、ジョーダン4は過去にも、イエローや蛍光グリーンなど発色の良い配色モデルは希少で、転売価格が跳ね上がる。

今回もそのパターンになるだろう。

オフホワイト×ジョーダン1ユニバーシティブルーも、相当に入手困難になる。ただ最近のオフホワイト×ナイキを見るに、当初のような品薄状態は無いようにみえる。

運があれば、手に入る人はあるだろう。

イージー500は賛否が分かれるデザインだ。が、イージーには一部に熱狂的なファンがおり、需要過多は確実だ。

3モデルに同時に勝負をかける日になるか、絞り込むかは、悩みどころ。

いずれにしても、これらのモデルが転売価格で売り出されても、なかなか購入できない。

運試しには、十分な状況になる。

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か