本日4月30日に再販となったジョーダン3ティンカー。

発売当初、大人気モデルで転売価格は高騰。定価2万3000円ほどに対して、転売価格は4万円程度まで引き上がった。

4月30日の再販後、メルカリを除くと、ぞっとする光景が。

筆者の予想以上に大量のジョーダン3ティンカーが転売されている。しかも価格は、従来の転売価格が維持されたままなので、3万円台半ばほど。

さすがに4万円ではもう売れないと、転売諸氏は感じているはずだ。

それにしても、ジョーダン3ティンカー、発売時はかなりの品薄感があり、転売価格が高騰したが、再販後の現在転売価格の、3万円半ばから4万円というラインで、果たして転売が成立するのだろうか。

今回は、初だし後の品薄感、転売価格高騰に、転売諸氏がのせられたもよう。再販確保とさらなる転売に注力したものの、転売品は現在転売価格では、さばけないとみえる。

ジョーダン1シャドーの転売市場に似た、転売屋の踊らされ感が強い状況が生まれている。

関連記事

ジョーダン1つま先カラー、メルカリ転売薄い

本日のジョーダン1発売でSNKRS不具合多数

ACGラックルリッジの発売日が9月22日から29日に戦略的移動

アクロニウム×エアプレスト、転売価格が定価割れか!

アクロニウム×エアプレスト、参戦したら2人に1人以上は購入できた!

まもなく9月20日10時発売!アクロニウム×ナイキエアプレスト!