2018年、改めて人気を誇る、ジョーダン3。

そして、アディダスEQT は、安定の需要を維持する。

この2つのプロダクトに共通するヒットの法則は、ノンブランド感だ。

◆象徴的なデザインにこだわらない

すでにあらゆる人に把握されているだろう。ナイキとアディダスの、それぞれの象徴的なデザイン。

ナイキはスウッシュ、アディダスは三本ライン。

両者とも、この象徴の売り込みにかけた投資は、計り知れない。そしていまだに投資をしている。

ただ、ジョーダン3、EQT には、そんな莫大な投資により作り上げたブランドを、無視したデザインがほどこされている。

ジョーダン3はスウッシュを押し出して搭載せず、EQT は三本ラインを搭載しない。わずかにアディダス、ナイキブランドが垣間見られるくらいだ。

◆特にEQT はアディダスブランドの無視が顕著

EQT は、アディダスブランドからの逸脱が顕著だ。

まずはフォルム。

アディダスのスタンスミスなどに代表される、ミニマル感の逆を行く。

じつは、アディダスのヒットプロダクト、イージーも一見するとアディダス感はない。

イージーの成功パターンのなかに、アディダスブランドからの離脱、というキーファクターがあったのかもしれない。

いずれにしても、どっぷりとしたソールなどはアディダスからは想起されないデザイン感だ。

◆ジョーダン3の躍進

2018年は、ジョーダン3の当たり年と言っても過言ではない。

ブラックセメント、ホワイトセメントはじめ、派生プロダクトの需給バランスは明らかにアンバランスだ。圧倒的な需要があるように見えるのは、純粋に在庫が少ないだけかもしれない。

ティンカーモデルも記憶に新しい人気プロダクトだ。

◆脱ブランドのプロダクトが売れる背景

ジョーダン3、EQT の脱ブランドプロダクトが売れる背景にあるもの。それは、購入者しかしらない、物語性だろう。

つまり、ナイキ、アディダスというブランドを、あえて押し出さずに、しかし、ブランドのストーリーは、所有している人は、理解している。

そうした可視化されないストーリーの理解を購入者がしているということ。

簡単に言うと、わかるひとにはわかる、状況だ。

この状況こそ、脱ブランドプロダクトの勝因だろう。

関連記事

イージーブースト350V2セサミ、転売祭りが全く盛り上がらないワケ

ジョーダン11コンコルド、参戦意向38%と不人気の理由

【募集】マイベストスニーカー教えてください!

10月8日、atmos conにてジョーダン1ルーキーオブザイヤー世界先行発売

ジョーダン1つま先カラー、グリーン300ドル、パープル400ドルで転売

オフホワイト×ナイキブレーザー、ブラックの転売価格は8万円か