ニューバランスといえば、グレー。

かつて、蛍光カラーが主流だったランニングシューズ市場にシンプルなグレーカラーを投入。

以来、グレーがニューバランスにアイコンになった。

今回はそんなグレーモデルを賞賛する、ML574が世界同時発売。

日本向けもまだサイズはある。

ニューバランスの基礎を知る機会になるだろう。

ニューバランスからのメッセージは以下——-

ニューバランスシューズに見るグレーのカラーリング。それは1980年にアスファルトの上を走るアーバンランナーのために作られ、道路のアスファルトやビルのコンクリートからインスパイアされた“都市のグレー”。1982年の「M990」、1985年の「M1300」といった、名モデルのヒットを受け、ニューバランスのトレードカラーとして定着した。
2018年、履き心地をアップデートしてグレードアップした「574」からついにグレーのモデルが登場。ブランドを象徴するカラー“グレー”を纏った「574」は、まさしくニューバランスのアイコニックモデル。

関連記事

ナイキ エアヴェイパーマックス95ネオンの転売価格は2万円強と定価ラインか

8月16日発売、エアヴェイパーマックス95ネオン、売れる自信がないといえる理由

エアヴェイパーマックスと、エアマックス95オレンジがそんなに人気過熱しないたったひとつの理由

オフホワイト×ナイキをカスタムしたら本当にカッコいいのか?まとめ

ハイカットスニーカーのコーディネートまとめを作って気づいたこと

ジョーダンレガシー312のプレ値は2万円前後か